1666円 コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き セラミックカッター ガラス本体 コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き セラミックカッター ガラス本体 キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 調理器具 ミル ミルセット 手動,洗える,手挽き,滑り止め付き,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 調理器具 , ミル , ミルセット,手引き,ガラス本体,ガラス本体,保存用ビン1個付属,セラミックカッター,コーヒーミル,保存用ビン1個付属,/microperthite1997434.html,滑り止め付き,手引き,1666円,ppqmpmdirecttrainer.com,手動,洗える,コーヒーミル,セラミックカッター,手挽き 1666円 コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き セラミックカッター ガラス本体 コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き セラミックカッター ガラス本体 キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 調理器具 ミル ミルセット 手動,洗える,手挽き,滑り止め付き,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 調理器具 , ミル , ミルセット,手引き,ガラス本体,ガラス本体,保存用ビン1個付属,セラミックカッター,コーヒーミル,保存用ビン1個付属,/microperthite1997434.html,滑り止め付き,手引き,1666円,ppqmpmdirecttrainer.com,手動,洗える,コーヒーミル,セラミックカッター,手挽き コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き ランキングTOP10 セラミックカッター ガラス本体 コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き ランキングTOP10 セラミックカッター ガラス本体

コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き ランキングTOP10 セラミックカッター 返品交換不可 ガラス本体

コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き セラミックカッター ガラス本体 コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き セラミックカッター ガラス本体

1666円

コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き セラミックカッター ガラス本体 コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き セラミックカッター ガラス本体










商品情報

【滑り止めグリップ付き】グリップには滑り止めのゴムがついておりますので、ハンドルを回す際に本体をしっかり握ることができ、快適に豆を挽くことができます。

【粒度調節機能】粒度調節機能が付いているので、粗挽きから細挽きまで簡単にお好みの粒度で挽いて頂けます。

【簡単操作】フタをはずし、本体にお好みの量のコーヒー豆を入れフタをし、ハンドルをシャフトにはめ込み、本体を片手で持ち、ハンドルを時計回りに廻して挽いて下さい。受け容器に挽いたコーヒーが溜まります。

【清潔】分解しやすく組み立ても簡単、水洗い可能です(水洗い後は充分に乾かしてからお使いください)。

【高級感】セラミック研磨カッターとガラス本体は摩耗しにくく、錆びることがないので末永くお使い頂けます。コーヒーそのものの風味を楽しむことができます。

コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き セラミックカッター ガラス本体 コーヒーミル 保存用ビン1個付属 手挽き 手引き 手動 洗える 滑り止め付き セラミックカッター ガラス本体

東洋炭素のものづくり

元素記号C、原子番号6。私たちの炭素の夢は、未来へと無限に拡がります

自然界に広く分布し、紀元前の昔から利用されてきた炭素。無限の可能性を秘めた炭素に魅せられ、私たちは理想の品質を追求し続けてきました。そして 1974年、日本で初めて等方性黒鉛の開発に成功。以来、炭素の可能性は飛躍的に拡がり、数々の画期的な炭素製品が誕生しました。いまや半導体・宇宙航空用途など最先端テクノロジー分野にも広く採用されています。パイオニアメーカーとしての実績をもとに、私たちの活躍の場は世界規模で拡大しています。さらに創造力を磨き続け、社会に貢献できるグローバル企業をめざして。私たちの挑戦は続きます。

製品情報

暮らしから産業までを支える幅広い事業領域

半導体・自動車・産業機械・家電・医療機器・宇宙航空…これらすべて、東洋炭素のカーボン製品が活躍しています。
東洋炭素のカーボン製品は、創業来着実に活躍の場を拡げてきました。多岐にわたる業界の様々なニーズを結実するべく、気が遠くなるほどのトライアンドエラーを重ねてきた結果、現在では暮らしから産業にまたがる幅広い領域をカバーするに至ったのです。